ヒンドゥーの神々|ガネーシャ

天苑|スピリチュアル通販|ヒンドゥーの神々|ガネーシャ

ガネーシャはヒンドゥー教の神の一柱。
その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味する。
同じ意味でガナパティとも呼ばれる。
インドでは現世利益をもたらす神とされ、非常に人気がある。
「富の神様」として商人などから絶大な信仰を集めている。
障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、事業開始と商業の神・学問の神とされる。
シヴァとパールヴァティーの間に生まれた長男とされる。
上座部仏教国のタイでも、ガネーシャは仏教徒に信仰されている。
ムシカ神(トガリネズミ神)を乗り物にする。
稀ではあるがガネーシャが象に、或いはライオンに、多頭の蛇に乗る描写を見ることもできる。
障害を取り除くとされるガネーシャは象のような力強さを持つ一方で時にその大きな体をもてあます。
代わりにねずみのヴァーハナが麻姑掻痒の働きをする。

ヒンドゥー教|ヴィシュヌ神の10化身(アヴァターラ)

天苑|スピリチュアル通販|ヴィシュヌ神の10化身(アヴァターラ)

1.マツヤ、魚
2.クールマ、亀
3.ヴァラーハ:猪
4.ナラシンハ:人獅子
5.ヴァーマナ:矮人
6.パラシュラーマ:斧を持ったラーマ
7.ラーマ:シュリ・ラマチャンドラ、アヨーディヤーの王
8.クリシュナ:闇または黒
9.バララーマ:鋤を握る者または仏陀
10.カルキ:「永遠」又は「時間」又は「汚物の破壊者」

死の受容のプロセス

天苑|スピリチュアル通販|死の受容のプロセス

第1段階 「否認」
患者は大きな衝撃を受け、自分が死ぬということはないはずだと否認する段階。「仮にそうだとしても、特効薬が発明されて自分は助かるのではないか」といった部分的否認の形をとる場合もある。

第2段階 「怒り」
なぜ自分がこんな目に遭うのか、死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階。

第3段階 「取引」
延命への取引である。「悪いところはすべて改めるので何とか命だけは助けてほしい」あるいは「もう数ヶ月生かしてくれればどんなことでもする」などと死なずにすむように取引を試みる。神(絶対的なもの)にすがろうとする状態。

第4段階 「抑うつ」
取引が無駄と認識し、運命に対し無力さを感じ、失望し、ひどい抑うつに襲われなにもできなくなる段階。すべてに絶望を感じ、間歇的に「部分的悲嘆」のプロセスへと移行する。

第5段階 「受容」
部分的悲嘆のプロセスと並行し、死を受容する最終段階へ入っていく。最終的に自分が死に行くことを受け入れるが、同時に一縷の希望も捨てきれない場合もある。受容段階の後半には、突然すべてを悟った解脱の境地が現れる。希望ともきっぱりと別れを告げ、安らかに死を受け入れる。

ヒンドゥー教の3大神

天苑|スピリチュアル通販|ヒンドゥー教の3大神

ブラフマー神:宇宙、世界に実存、実在の場を与える神
ヴィシュヌ神:宇宙、世界の維持、平安を司る神
シヴァ神:宇宙、世界を創造し、その寿命が尽きた時に破壊、破滅を司る神

ブラフマー神とヴィシュヌ神とシヴァ神は同一であり、これらの神は力関係の上では同等であり、単一の神聖な存在から顕現する機能を異にする3つの様相。